施術のご案内
鍼灸・接骨とも自然治癒力を高める東洋医学の施術です。

鍼灸は「はり師」「きゅう師」、整骨は「柔道整復師」という国家資格をもった者だけが施術を行うことが可能です。当院では、国家資格をもった院長が施術いたしますので安心して治療いただけます。

接骨治療

手技による接骨治療
接骨治療
接骨治療

 当院の接骨治療は急性期の怪我の治療。腰や肩といった部分的に集中して治療することに重きを置いて治療しております。
 当院ではよく初めての患者様に「ここは保険は使えますか?」と聞かれます。
お答えは、「はい。使えます。」
 ですが、患者様の体の状態や症状によって自費施術(自由診療)をお勧めする場合もあります。
  当院での診療は、大きく保険適用範囲内の診療と、自由診療(保険適用外診療)に分けられます。

保険適用範囲内の診療について

保険適応範囲内での診療は次の5つとなります。
●骨折
●脱臼
●打撲
●挫傷
●捻挫

 怪我をして間がなく、『日時』と『原因』がはっきりしていれば保険が適用できます。
 痛めて数日から2週間以内の怪我を目安にしていただければ結構です。

【保険が使える症状の一例】
●足首をひねってしまい、はれている(捻挫)
●転んだ時に腕を強く打ってしまって痛い(打撲)
●走ったら肉離れをしてしまった(挫傷)
●骨折(脱臼)で、その後の治療について医師の同意を得ている場合
●骨折や脱臼などによる応急処置が必要な場合など

自由診療(保険適用外診療)について

 自由診療では、あらゆるカラダの不調に対応します。慢性的になってしまった痛みや怪我、コリ、何かわからないけど痛いなど、鍼灸治療もあわせて対応いたします。お気軽にご相談ください。

鍼灸治療

 当院では鍼によって患者さまの身体のバランスを整え、痛みや痺れ、からだの不調といった症状を緩和する方針です。
 身体に多数存在する経穴(ツボ)を適切に刺激することで、人間が本来持っている自己治癒力を高めます。
 鍼灸治療は生体の恒常性(病気を自然に回復させる作用)そのものを改善させる働きがあると考えられています。  

例えば腰が痛いからとそこばかり治療しても良くなるとは限りません。ヒザやお腹など、関係がないと思えるところに体調を整える鍼を行うことによって、患者様ご本人の回復力を高めることができます。
 鍼灸は自律神経の調節ができる数少ない治療法の一つです。自律神経を調節することで不定愁訴である病気ではないけれど「何となく不調」といった症状にも効果が期待できます。

 鍼と灸と聞いて「痛そう」と思う方がいらっしゃるかと思いますが、当院の鍼はきわめて細いステンレス製の鍼(長さ約30mm、太さ直径0.14mm前後)で、髪の毛ほどの細さなので痛みはほとんど感じません。また、一回使い捨てですので衛生的でも安心です。
 鍼灸は多彩な症状に効果があり、WHO(世界保健機関)で鍼灸療法の有効性を認めた病気としては、次のものが挙げられています。

鍼灸治療の適応症

●神経系
神経痛・神経麻痺・痙攣・脳卒中後遺症・自律神経失調症・頭痛・めまい・不眠・神経症・ノイローゼ・ヒステリー
●運動器系
関節炎・リウマチ・頚肩腕症候群・頚椎捻挫後遺症・五十肩・腱鞘炎・腰痛・外傷の後遺症(骨折、打撲、むちうち、捻挫)
●循環器系
心臓神経症・動脈硬化症・高血圧低血圧症・動悸・息切れ
●呼吸器系
気管支炎・喘息・風邪および予防
●消化器系
胃腸病(胃炎、消化不良、胃下垂、胃酸過多、下痢、便秘)・胆嚢炎・肝機能障害・肝炎・胃十二指腸潰瘍・痔疾
●代謝内分秘系
バセドウ氏病・糖尿病・痛風・脚気・貧血
●生殖、泌尿器系
膀胱炎・尿道炎・性機能障害・尿閉・腎炎・前立腺肥大・陰萎
●婦人科系
更年期障害・乳腺炎・白帯下・生理痛・月経不順・冷え性・血の道・不妊
●耳鼻咽喉科系
中耳炎・耳鳴・難聴・メニエル氏病・鼻出血・鼻炎・ちくのう・咽喉頭炎・へんとう炎
●眼科系
眼精疲労・仮性近視・結膜炎・疲れ目・かすみ目・ものもらい
●小児科系
小児神経症(夜泣き、かんむし、夜驚、消化不良、偏食、食欲不振、不眠)・小児喘息・アレルギー性湿疹・耳下腺炎・夜尿症・虚弱体質の改善
●その他
痛み以外にもお困りの症状がございましたらお気軽にご相談ください。

機能訓練など他

 当院は『痛み』や『不調』だけではなく、予防にも力を入れています。初診の際には姿勢チェックをすることで、ご自身の体がどんなバランスになっているか、またどの筋肉が使えている、使えていないなどといった情報を多角的にみて、お悩みの症状を改善しながら、姿勢に問題がある場合には、ストレッチマシンを使用して体のバランスを調節します。
 また、全身の血流増加と栄養(酸素)を効率的に高めたい場合は酸素カプセルを使用したりなど、状態に合わせて様々な提案をさせていただきます。

peek a body ピークアボディ(姿勢チェック)

Peek a bodyは、お客さまの姿勢を撮影することで、身体の歪みをシュミレーションします。
 着衣の起立姿勢で前後左右を撮影するだけで、3D画像に変換され、360°様々な角度から骨格と筋肉の状態が確認できます。
 各筋肉の情報や筋肉緊張によって日常生活を送るうえで予測される体調不良の危険度(リスク)も、リスク指数により、症状改善にお役立ていただけます。
 多くの患者さまにご体感いただいておりますが、筋緊張の強いところや弱っているところ、骨格のゆがみが一目でわかり、軽く「ショック」を受けていらっしゃいます。 一度、ご自身の体の歪みをチェックしてみませんか?

ホグレル(動的ストレッチマシン)

 柔軟性の獲得を第一に考えられたトレーニングマシンです。従来リハビリやスポーツ現場で行われていたトレーニングは、筋肉に大きな負荷をかけて緊張させたり、持続的に筋肉に力を入れ続けるトレーニングがほとんどでした。しかし、トレーニング後しっかりとケアを行わなければ筋肉は固くなりやすく、怪我を治しているつもりが、怪我をしやすい身体を作ってしまうリスクもありました。
 ホグレルのトレーニングは専用のマシンを使い、比較的軽い負荷で肩甲骨周辺や股関節周辺の筋肉をリラックスさせて繰り返し動かすことで、血流を促進し、柔軟にします。
 また日常生活に必要な筋力を維持・向上や、歳とともに衰える運動神経の伝達をサポートすることができます。日常使っていない筋肉や動作はその運動神経の伝達が鈍り、例えば、スキップができなくなったり、走って転んでしまうなど…。思うように体が動かなくなります。そのような運動神経の伝達も蘇らせていきますので、日常生活を楽にしたり、高齢者の転倒予防にも繋げられます。
 応用動作が多数ありますので、お客さまの状態に合わせより良い提案をさせていただきます。

【主な効果】
①柔軟性向上
②関節可動域拡大
③血行促進、血中酸素濃度向上
④運動神経の伝達、筋肉の連動性向上
⑤肩こり・腰痛の緩和
⑥姿勢バランス改善
⑦スポーツパフォーマンスの向上 など

酸素カプセル

 カラダと気圧は関係が深く、気圧は体調に大きく影響します。低気圧(天気の悪い日)に頭がすっきりしない、気分・身体が重い、頭痛がする、関節や神経痛が悪化するなどの不調を感じることはありませんか?酸素カプセルは高気圧の天気の良い日と同じ気圧状態をつくります。過度のストレスなどにより慢性的に酸素不足に陥ったカラダを酸素カプセルに入ることで細胞の本来の機能を取り戻してくれます。
  当院の高気圧酸素カプセルは、ゆったりとした室内と機密性の高いハードタイプのカプセルです。
 水深約3mに相当する1.2~1.3気圧、酸素濃度は約30%という体や耳に負担がかからない設定で、安心してご利用頂けます。
 酸素カプセルは1.3気圧に高めた装置内に 0.01ミクロンにまで清浄された空気を送り込むことにより通常の呼吸では不可能な量の酸素を 細胞の隅々に溶け込ませ(溶解型酸素)、生活環境や加齢で低下した酸素水準を取り戻すシステムです。
 カプセルに一回入ると、3日間は血液に溶ける溶解型酸素が増えます。まずは4回続けてください。体内の酸素保有量が増加するので体の変化が実感できます。

【主な効果】
① 疲労回復、疲れにくい身体作り
② コンディショニング
③ ケガの早期回復
④ 身体のコリや痛みに
⑤ ダイエット
⑥ 美肌・アンチエイジング
⑦ 二日酔い予防、回復
⑧ 免疫力アップ
⑨ 集中力アップ
⑩ ストレス解消
⑪ スポーツパフォーマンスの向上
⑫ 体質改善
⑬ 眼睛疲労
⑭ 睡眠不足解消 など

姿勢チェック、酸素カプセル、ホグレルは単体でもご利用いただけます。お気軽にご相談ください。